製品完成までの流れ

高品質・高信頼性を支え、未来につなぐもの。

自動検査装置による製品検査

顕微鏡による定期的な
製品内部検査

SMD加工装置

周波数調整装置

自動マウンター装置

超音波洗浄装置

自動SEAM封止装置

クライアントニーズに基づいて開発された製品の機能と品質を維持しながら、いかに効率よく生産するかがラインにおける重要なテーマです。 サンリードでは、ひとつ一つの製品について最適なQCD(品質・量・価格・供給時期と方法)を設定し、生産計画を立てると共に、あらゆる面から市場競争力を検証したうえで最適なラインを構築し、生産を開始。ラインの意思統一のもと、効率的に製品を送りだしています。また、高品質の製品を安定的に供給するため、自動化、省人化を導入した生産・品質管理システムの強化を推進。 同時に、人の手と目による作業が求められる工程では、経験豊富なスタッフの職人的な技を活かしやすい環境を整えています。 つねに知恵を絞り、工夫を重ね、ひとつ一つの製品をオーダーメードとして捉えるからこそ、多品種生産における生産量の調整にもフレキシブルな対応が可能になり、変化する時代のなかでも独自性を発揮し続けることができると考えます。