製品開発プロセス

柔軟な発想と開発力で、技術の頂点へ。

社内外でパートナーシップを活かす。

技術の進歩をもたらすもの、それは現在の技術につねに疑問を投げかけ、改善・活用の道を模索する姿勢だと私たちは確信しています。 創業以培ってきた基盤技術と開発力を背景に、クライアントニーズにマッチした製品をいかにスピーディーに生み出すかが大きなテーマとなります。 新しい発想をもたらすスタッフ同士のコミュニケーションはもちろん重要。 開発にあたってのさらなる課題は「効率化」と「柔軟性」といえるでしょう。 大学や研究機関との共同研究に代表される「産・学・官」のネットワーク、 人材ネットワーク、 プロダクションネットワークなどを活用し、必要なときに最適なパートナーと提携することによって組織や設備を効率的かつ柔軟に保ち、最先端の情報や技術を活かした企業活動が可能になります。
「ひとつの目標をクリアーしたとき、そこにはまた新たな夢が生まれる」
私たちサンリードは、つねにクライアントおよびパートナーとの信頼関係を大切に、技術のさらなる高みをめざし挑戦し続けます。

明確な目標設定のもとに柔軟な発想で開発会議が進められます。

製品開発は基礎理論のもとに如何にクライアントニーズにマッチするかが重要な目標です。

ミクロの世界での問題解決も重要な開発テーマです。